言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

TAKI

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


動画編集

イースタンクリークの動画に速度、回転数、縦横G等のメーターを画像合成するのに、自分の手持ちのtrackvisionとvideo4を使って随分試行錯誤していました。

trackvisionはデータを.csvにさえしてしまえばあとは同期をとるのに苦労するだけでとにかく簡単。
でも画質が落ちてしまう。

video4はリアルタイムでデータを合成することも可能ですがメーターのデザインがなんだかいまいち。
デザインを変更するのもtrackvisionのように簡単にはいかない。

他にも両者のメリット、デメリットはいろいろとありますがどちらを使うにしても慣れない作業は結構大変でした。

ただサーキットの現場では画像とデータを同期した状態ですぐに再現できるvideo4は大変便利で、これは時間に余裕がない時には凄い武器になりました。

DL-1もvideo4もそのままぽんっと使えるわけではなくて結構な量の英語のマニュアルと格闘する必要はありますがそれだけの価値はありました。
本家からのお便りを見ると実際使いこなし方の講習会もやっているみたいです。
そりゃそうかも。マニュアルを一通り読むだけでも大変ですから。

trackvisionはそれと比べれば楽勝です。
マニュアル自体の量も少ないしちょっとしたメーターのカスタマイズも結構簡単で綺麗にできます。

trackvisionでもvideo4+3rdPartyVideoでも、ロガーデーターと画像の同期は、簡単な電気工作ができれば極めて簡単な方法で可能です。
video4+3rdPartyVideoの場合にはツールを買うと自動で同期しますが、それをマニュアルで(ただし簡単に)行えるということです。

あまりに簡単な回路&方法なので笑えるかも。



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cyberevo.blog37.fc2.com/tb.php/563-6e61f590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。