言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

TAKI

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雑感 オーストラリアのチュー二ング事情

マッドマックスの見過ぎで、オーストラリアにはとんでもない馬力のチューニングカーがわんさか走っているのかと思っていましたが(ウソ)、シドニーの町中を走っている車達はむしろ日本よりおとなしい感じがしました。

イースタンクリークに出店しているブースにはとんでもない大きさのタービンがごろごろしてるし、アマチュアレーサーが趣味で乗っている車も日本より格段に生粋のレースカーが多いようです。

またレベルの高いラリー屋さんが多くて、もちろんゼロヨンも盛んみたいですから、これからオーストラリアのサーキット系チューニングはどんどんとレベルアップしていくと思います。

イベント自体の観客も昨年の倍近く入ったようですし、まさにこれからのオーストラリア、恐るべし、です。

昨年のうちの車の影響か(自惚れすぎ?)今年は空力に気を使った車が格段に増えて、昨年の様にリヤにボルテックスさんのGTウィングだけ、みたいな車はほとんど見なくなり、ボルテックスさんのGTウィングに加え、コンプリートのエアロキットに独自のアレンジを施した車が主流になってきました。

いわゆるレース屋さんがオーストラリアではどんな感じなのか、全然分かりませんが、ほんまもののレース屋さんが手掛けている車は、見る限り圧倒的にGTRが多くて、その輸出入に今回お世話になったGLOBAL-AUTOさんが多くの車で関係していたのも驚きました。まさに'GLOBAL'です。

来年はオーストラリアのチューニングカーも更にリファインされてスンゴイことになっている予感が・・・





この記事に対するコメント

男前さんのところ! 頑張ってますネ!
【2011/08/26 12:25】 URL | 蝸牛おやじ #JalddpaA[ 編集]

元101乗りさん
コメントにアドレスを書いて投稿してください
公開せずにこちらから直接メールします

いただいたコメントを誤って削除してしまいました
ごめんなさい
【2011/09/17 23:15】 URL | TAKI #C1fHLXVw[ 編集]

蝸牛おやじ様
久々に自分のブログをまともに見ました
男前さんは気も回るし頼りになりますね!
ぜひ皆で世間をあっと言わせることを実現させたいです!
【2011/09/17 23:19】 URL | TAKI #C1fHLXVw[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cyberevo.blog37.fc2.com/tb.php/562-1086b58d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。