言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

TAKI

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サージとセッティングの工夫

下から使えて最大パワーははるかに純正を超える予定のターボを装着したⅩのセッティングをしました。

下は2600回転からレスポンスし、この領域でも純正ターボは超えています。
ブーストの上りは前回の試作ターボの方が鋭いですが、「身になる」トルクはしっかりと出て上まで落ち込みのないパワーが出ていました。

今の仕様から更に踏み込んだ仕様もこれからテスト出来そうで楽しみです。

ドライバーは前回よりこちらの仕様の方が好みだそうです。

実際本気で走る時にはアンチラグも使えるので、確かにこちらの方が上でのパワーが狙える分実戦的かも知れません。

実は4000回転前後、インターセプトポイントを少し超えたあたりでサージングが出ていましたが、マフラーを気持ちよく抜ける仕様(もちろん車検対応の触媒は付いています)から抜けの悪い?車検対応品に変えたら少し改善しました。
更に、MIVEC、燃調、点火をいろいろと試すとかなり改善できて本気で走るときには気にならないであろうレベルにはなりました。

GEMSはここら辺をいじりまくって実験する時には極めて便利です。30分もあればいろいろと試せますから退屈しません。


Ⅹ用のターボもいろいろなバリエーションが出来てきました。

各仕様の最大パワーが気になる方もいるでしょうが、その様なテストは簡単ですから、今は素性を見極めることに専念しています。

キットの完成も近いです。






この記事に対するコメント

おはようございます

結果w ヨカッタでつw

サージポイントは把握したので、新バージョンはサージさんナッシングでワラワラになっていただきましょう!!


結果から想定すると、バルタイの●●してるところで●●ー●が発生していると考えられます。

その部分に細工を施すと完全に制圧できまつ!

後は温度コントロールなので、本日からCAD回して数値を考えま~す!!




【2010/03/01 10:05】 URL | 蝸牛おやじ #JalddpaA[ 編集]

確かにMIVECであそこらへんの領域は凄く変化しました。

まだ勉強不足で具体的な加工内容まではイメージできませんが、僕は本能でWセッティングしてみます。

でも良い感じは本能で結構感知できるものですW

次回の実験が楽しみです!
【2010/03/01 11:57】 URL | TAKI #C1fHLXVw[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cyberevo.blog37.fc2.com/tb.php/466-aca0c5cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。