言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

TAKI

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ⅩにMOTEC

Ⅹは重いです。実際の重量も動きも。

ある競技ではMOTECが使用可能ですが、うまくMOTECの機能を使えると、アクセルオンした時の
レスポンスの良さがその重さを打ち消してくれます。
Ⅸまでももちろんその機能は有効でしたが、Ⅹだとこれが無くてはちょっと勝負にならない感じです。

社外ECUとして普段はV-Proを使うことが多いのですが、遊ぶなら機能の豊富さもあって
やっぱりMOTECが楽しいです。

ただ、まだソフトに癖があり過ぎるので「分った」エンジニアがいないとセッティングまでいかずに
挫折してしまうかも知れません。

今回もセッティングにこぎつけるまでには裏方さんが大変な苦労をしました。

昨晩もまだセッティングは80%位の仕上がりで、もうちょっと遊べる予感です。

しかし直感的にいじれる部分に関しては本当にいじり易いのですよ、MOTECって。



この記事に対するコメント

MOTECならば純正ECUを改変せず残せるのはある種の人達にとってはありがたいのではないでしょうか。
もっともうちならなにも痕跡を残さずに純正ECUに書込み可能ですけど。

V-Proにはアンチラグがないのと、Ⅹの場合ににはサブコンとして使うことになるので純正のCANシステムには参加しないのはどうも・・・
対してMOTECは堂々純正ECUの代わりに純正のCANシステムに参加します。ただし純正ACD-ECUが使えません。これもどうにかなるはずですがどうしてもMOTEC本社の協力が必要になりそう。もしくはMOTECのACD-ECUを使うかですがこれがはっきりいって制御がしょぼすぎです、残念・・・

いまのところⅩのECUチューンは純正書き換え、V-Pro,MOTECの3種類の方法がありますが、よくチューナー(この言い方は激しく恥し過ぎですね)と相談してください。チューナーにより得意、不得意がありますし、それぞれの方法により出来ること、出来ないことがありますから。
【2009/04/02 23:00】 URL | TAKI #C1fHLXVw[ 編集]

90%位はできた感じです。
あとは実戦を重ねたりいろいろ研究したり・・・
100%は今シーズン終盤のお楽しみになりそうです。
【2009/04/06 20:18】 URL | TAKI #C1fHLXVw[ 編集]

滝澤さん、こんばんは。

確かにエボⅩは重いですよね。
1540kg・・・BNR34と同じ車重!
もはや2Lのエンジンの車とは思えませんね。

車幅も広く、コーナーリングを考えるとトレッドが広い方が有利ですが、
以前、気にされていた前面投影面積が増えますので、
ドラッグが増えますね。

個人的にはスタイルが好みではないので、
興味はあまりありませんが、
メーカーが数年掛けて開発したのですから、
CT系より良いということなのでしょうね。
HKSも開発車両をCZに移しましたし。

MOTECは友人がイジってます。
クセがあるので、なかなか難しいとも本に書いてました。
でも性能は良いみたいですね。
セッティングにハマリそうですね。
【2009/04/07 22:42】 URL | Michael #oJAuw.to[ 編集]

motecはアンチラグとデューティー系出力が充実しているのが良いです。
V-ProはA/F学習は抜群ですし、燃料、点火のセッティングはやりやすいですが、それ以外の機能はほとんど無いに等しいです。
どちらにも癖はあって慣れるのが大変ですが一度慣れれば自然と手が動きます。
職業病ですかね?
【2009/04/08 00:01】 URL | TAKI #C1fHLXVw[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cyberevo.blog37.fc2.com/tb.php/382-a6900130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。