言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

TAKI

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エボⅩECU開発の現状

エンジンECUはほぼ完璧、他の弄りたいECUのプログラムも吸い出しました。
「他の弄りたいECU」の出来如何で走りの差がつくでしょう。
ブレーキングで曲がれるかも!?

今回思ったのは、Ⅹの車体制御システムはCANに頼り過ぎではないかという事です。
(もしかすると基板製造時のファームウェア書き込み方式も変わったのかな?)
OBDⅡによる故障診断は確かに便利な半面、CANシステムに異常があったり、ディーラーレベルの
専用コンサルト機器無しで整備せざるを得ない場合には、途方にくれるというか
何も出来ないと言うか・・・・ 
特に汎用コマンドではないメーカー独自仕様(方言?)は困り者です。

思うのは、うちにはECU書き込み機があるから何でも出来ると公言している方がいらっしゃると
したら、そりゃちょっとおかしい、少なくとも現状では不自由な点が多々あるはずです。
(僕の知る限りではですけど)
上位のコンサルトツールが例え有ったとしても制約は多いはず。

外部ロム、フラッシュ、CANとメモリー書き込み方式も変化して来ましたが、CAN自体が
プロテクトと馴染みが良いので、ますます読み書きが不自由になってきています。

エンジンに限らずECUをいじるなら信頼出来るショップさんに依頼しましょう。
単にマップを変えました、ブーストリミットを切りました、スピードリミッターを切りました
だけでも後々のフォローが出来るショップさんを選んでください。


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cyberevo.blog37.fc2.com/tb.php/326-abfcfa03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。