言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

TAKI

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アーシング

アーシングしたい部位間の電位差を計り電位差が大きければそこの間を繋ぐ。つまり車の各部の電位差を少なくする。
ここにある暗黙の前提は、車の各部の電位差が少ない方が良い、と言うことだ。
これを否定するつもりはないが、メーカーが狙っているアースの効果は、ノイズ低減が大きいと思う。
ただしメーカー設計時と状態が変わると微妙にセンサー出力がずれる可能性はある。アースの「浮き方」が変わるからだ。
その昔確か86だったと思うが、ミッションのアースを外したらラジオのノイズが増えたことがあった。
また電球切れやら何やらをやたらと監視している車種では妙な警告が出る可能性も否定出来ない。
無用なトラブルを極力避けたいならば、純正のアースをきちんとメンテあるいは補修するのが正解だろう。

他人の書いたHPを見るのは面白いが、鵜呑みにしてしまうのはどうだろうか。


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cyberevo.blog37.fc2.com/tb.php/24-4961bb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。