言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チームサイバーエボ

チームサイバーエボとは自分が言うのもなんだがなかなかユニークな
存在だ。

むかーし僕は某ショップをやっていたのだが、これもひとえにデモカー
を思いっきり走らせてみたいと言う不順な?動機からのものだった。

今は僕自身は本業の傍ら、しがない流れのセッティング屋を細々と
やっているのだが、どうしても自分の理想のチューニングカーを
走らせたくて「チームサイバーエボ」として活動している。

そんなふうに至った情況を簡単に書いてみよう。
元は僕がショップにメンテその他を依頼する形で車を走らせていたが
どうにもうまくいかなかった。アタックに時間通りに参加する事さえ
出来ない有様だったのだ。

そこでHRSさんにメンテをお願いする様になったのだが、それからと
いうもの色々なメーカーさんのご協力をいただきながら活動出来る
様になった。実はドライバーの山田さん自らが協賛の道を切り開いて
くださり、それに引きずられる形で僕が付いていったのが実際の
ところだ。
一度山田さんに付けていただいた道筋のおかげで、その後は
本当に色々なメーカーさんに御協賛、ご協力いただいている。
特に横浜タイヤ様、テイン様、オグラクラッチ様、クスコ様、パワー
エンタープライズ様、レイズ様には大変なお世話になっているし
現在気合の入ったメンテをしていただいているアンリミテッドさん、
高性能で思いの詰まったエアロをいつも用意していただいている
ボルテックスさん、公私共にお世話になっているHRSの平山さん、
いろいろとアドバイスをいただいている森田名人、そして山田さんには
もうおんぶに抱っこの状態だ。
ただチームサイバーエボの自慢は、もちろん商売もあるけど
それ以上に心意気で皆が頑張ってくれている事だ。
これは大変な武器だし大変ありがたいしなにより嬉しい事だ。

なんだかとりとめの無い話になってしまったが、要は皆がチームの
ために快く献身的に頑張ってくれているのがチームサイバーエボで
僕はまとめ役と言うか雑用係でオーナーでインチキエンジニアで
大変楽しくやっているのである。

分かっていただけたかな?


この記事に対するコメント

アンリミテッドさんが動画をアップしてくれました。
http://ameblo.jp/unlimitedworks/
雨の中、048のM、危ないです。
走らせてはいけなかったかも…

明日以降順次動画がアップされるのではないでしょうか。
【2006/10/16 15:29】 URL | TAKI #C1fHLXVw[ 編集]

そう言えば自分も山田さんに頼まれたのがきっかけでした、でもこれは面白いなーと思ったのはスーパーラップ収録前夜HRSさんににおじゃましたときの雰囲気が妙にしっくり来てから
スイッチが入った感じです。

何ていうか皆さんがそれぞれの経験を経て偶然ここに集まってる感じで、類は友を呼ぶと言うか

細かい事よりも結果オーライ的な所もグーです
【2006/10/16 21:31】 URL | nakaji #-[ 編集]

TAKIさん、いつもありがとうございます。

レースチームの精緻可憐?な感じとは違って、みんなでどたばたやりながらなんとか帳尻をあわせてしまうのがチームサイバーエボのユニークなところで、楽しいようなつらいような(^^)。

ターザン山田さん、サイバー、アンリミ、ボルテ、いろいろなところが集まってそれぞれが自分の得意な分野で頑張って、お互いに補い合って形にしているのが一緒にやっていて楽しいしやりがいを感じます。また、一見思いつきだけでやっているように見えて、実はTAKIさんのしっかりとした推論や計算が隠されているからうまくいってる秘訣なように思います。

来年GTLIVEは4回あるそうです。チャンスがありましたらまたお手伝いさせてください

【2006/10/17 02:44】 URL | ひら@HRS #wwuIvtI6[ 編集]

nakajiさんにエアロをお願いしてからタイムの安定度が非常に上がりました。
タイヤの磨耗も非常に綺麗になりました。
これからはチューニングカーも空力を積極的に活用する方向にいくのは間違い無いでしょうし
nakajiさんはその先駆けになるのでしょうね。

来年の事はまた後で皆で考えましょう。
今は後処理で精一杯なので。
でも行けると良いですね。
【2006/10/18 15:50】 URL | TAKI #C1fHLXVw[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cyberevo.blog37.fc2.com/tb.php/178-fb29c1c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。