言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

TAKI

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


感謝

今回のアメリカ遠征でお世話になった車輌の製作、メンテ担当の
アンリミテッドワークスの佐藤さん、鍋島さん、関田君、
アメリカでも高性能ぶりが話題のエアロ担当のvoltexの中嶋さん、
細かいまで面倒みてくれたHRSの平山さん、
またゼロスポーツとASMの皆さん、
そして誰よりもこの企画を実現する原動力となって頑張って頂いた
ターザン山田さん、
皆さんに感謝致します。

道中の様子、コース、天候、タイヤ、エンジン、エアロ、足、ボディ
等々書きたいネタは多いのですがこれから時間がある時に書いていきます。
でもアメリカの某サイトの方が僕より詳しくサイバーエボ号を解析しているかも知れませんね。彼らは手強いな。

この記事に対するコメント

先ずはASMの事から書いちゃおう。

全体的な印象は「プロフェッショナル」です。
きちんとした計画に基づいて、各自がきちんとした仕事をきちんとこなす、実は一番難しい事です。
サーキットでもピットでも全員が無駄の無い統率の取れた動きをする、車のメンテも完璧な仕事を予定通りこなす、ドライバーもさりげなく一流ところを連れて来る、夜の食事場所までリサーチ済み、うーん、なかなかかっこいいです。
レーシングチームのクオリティーをチューニング界に持ち込んだと言う意味では将来先駆け的な存在として評価されるようになる気がします。
勿論全員同じユニフォーム(当たり前?)、うちも見習わなければ。(予算が車作りに回ってしまうのでうちには無理かも)

アメリカでの評価がこれから高まって行く事はお世辞抜きで間違い無いでしょう。

僕の勝手な希望ですが、何時かアタックカーと今回のストリートカーの2台を持ち込んで暴れて欲しいです。
S2000はアメリカではあまり見ないですが、絶対マニア受けする要素はありますから面白そうです。

ちなみに今回のドライバーさんは只者では無さそうです。見た目は細身のやさしそうな若者でしたけど…

http://www.autobacs-asm.com/diary.html
【2006/10/11 23:01】 URL | TAKI #C1fHLXVw[ 編集]

次はゼロスポーツさんです。

インプで本気でタイムアタックしているチームは少ないですが、そんな事はもろともせず本気で頑張っています。
シャシー、エンジン、エアロとも自分自身で制約を設けてその中で目一杯やっているのは十分伝わってきます。

車はほとんど中山メカが一人で作っていて、ちょっとしたトラブル対策からエンジン、足のセッティングまでほとんど全てを中山メカが獅子奮迅の働きでこなしています。

僕なんかなーんもせず全てアンリミテッドワークスさんにお任せの口先だけ労働ですから本当に頭が下がります。

今回もvoltexの中嶋さんの助けを借りながら頑張っていましたが、傍から見ているとちょっと頑張り過ぎかも…

筑波で良いタイムを出している裏には実はこういう努力があるのです。

なんか良いことばっかり書いちゃったな。今度ジュース一本奢ってね、中山さん。
【2006/10/11 23:18】 URL | TAKI #C1fHLXVw[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cyberevo.blog37.fc2.com/tb.php/172-1eebf7b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。