言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

TAKI

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


重量ハンデ付き広報車バトル 或いはスペックバトル

ノーマル状態での「速さ」に異常にこだわる人が大好きなベスモを買って来て見た。

僕に言わせれば車なんて素材に過ぎないのだから、エボ9MR GSRが遅ければ自分で速くすれば良いだけ。でもあまりにお金と手間がかかるのは嫌だから、ベースとなる部分がきちんとしている事が重要だ。
そう考えると、ボディ剛性は三菱の事だから素晴しいだろう、ミッションも問題無い、AYCも更に改良された、ブレーキは最高、後はフロントデフを入れて吸排気系とエンジンECUとACDに手を入れれば順位はベスモとは全く違ったものになるに違いない。

世の中にはいろいろな人がいて、絶対ノーマル以外認めない人もいるし、それはそれで面白いから良いのだが、そういう人の車選びにとっては、ベスモの「広報」ノーマル車バトルはとても大きな影響力を持つのだろう。

がきんちょは車のスペックを見て興奮するもので、別に大人がそうであっても構わないけど、せっかく車をいじれる環境にあるなら自分で出来る範囲の手の入れ方をした時の「速さ」も気にしておくと良いだろう。

それとAYC付き車のあの「どんより」とした動きは解消出来る、と言うか足とデフとACDとタイヤ、アライメントのセッティングで解消しないと速くは走れない。

今年上手くいけば某イベントでブーストアップのエボを走らせるかも知れないが、そういう時に自分なりの課題を持って車とその車に施されたセッティング見ているといろいろと参考になる部分があるかも知れない。
得てしてそういう部分はスペック表には出てこないものだ。

この記事に対するコメント

いつも楽しみに拝見させていただいてます。

9MRの登場でベスモをはじめ各メディアがにぎわってますが、エボ9以前の登場時にくらべると、メディア上でのノーマル車同士の比較記事は少なくなっているのも事実で、今回は今のところベスモのみで、かつてCar○ップ誌やdr○ver誌あたりで恒例だった新車の筑波アタックもありませんね。

これも「広報車」どおしの戦いに読者のみならずメーカーまでもが一喜一憂してしまうことの空しさをが広く認識されるようになったからでしょうか。

しかしながら、確かに「広報車」のタイムだけに拘るのはあまり賢くない行為ではありますが、一つの目安であったことも確かで、現在、ベスモ以外のどの雑誌を見ても、9MRに関しては「最新最強」の4文字熟語が踊っているだけで、以前より情報量が断然減っているような気がします。

こうなってくると、今後、素人がアクセスできる一番の情報源は、チューナーさんやユーザーさんのブログになるのではないかと思ったりしています。

。。。ということで、これからも期待しております。
【2006/09/29 20:06】 URL | haijidorf #zQHIT1rU[ 編集]

はじめまして、haijidorf さん。

各メーカーの広報車の「整備」内容に関してはここでは書けませんが、例えばこんな事があります。

ベスモではブレーキテストを行っていますが、もし、もしですよ、車高を5mm下げたら、タイヤのコンパウンドを1ランク上げてそれに合わせてABS-ECUをチューニングしたら、もっとせこくいくなら左だけ5mm車高を下げたら、とかいろいろ「手」はあるのです。

本来はディーラーで買った車の比較をすれば良いのですが、ユーザーカーでは難しいです。

そんなわけでメディアに登場する広報車については先ずは疑って見るのが正解です。

それと先月号だったかで、黒澤大先生が「タイヤ
表面を爪で押したって分かるもんか、素人めが」みたいな事を言っていましたが、あれには当然ばがら根拠があって、確かにBSの何とかタイヤは構造をいじってある物があるしそれが「売り」なのでしょう。

でも僕ら素人はとりあえず爪で押す、これが基本ですね。
怪しいタイヤはどんどん押しましょう。なんならコンパウンド硬度計なんて自作しちゃえば
【2006/09/30 10:26】 URL | TAKI #C1fHLXVw[ 編集]

広報車と市販車の性能差はいつぞやのベスモでの土屋さんのR33の件でもうかがい知れますよね。

ベスモ視聴者の一定の層は「広報チューン」を前提に内容を見ていると思いますが、それでも贔屓のクルマの勝敗に異常に固執する人は多いようですね。今回も9MRの結果を見て、方々で土屋さんのドラテクを批難する向きがありますが、それもいかがなものかと思います。

以前のように他の複数のメディアでも同趣旨の比較記事があれば、広報車同士と雖も何となく傾向のようなものを感じ取れていたのですが、今回は他のどのメディアでも無条件に「最強」という形容詞オンリーのところ、唯一ベスモで芳しくない結果であったため、余計不毛な議論を惹起しているような気がします。

つまり「最強の9MRが負けたのはドライバーのせいで、条件さえ整えばトップでゴールできたはず」という意見が散見され、TAKIさんのおっしゃるような、9MRをより速くするチューンの方向性なんていう議論には到底つながらないのが現状のようです。
【2006/10/01 00:32】 URL | haijidorf #mQop/nM.[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://cyberevo.blog37.fc2.com/tb.php/168-78a3c500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。