言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マニアの道はオカルトに通じる?

せっかく作ったぺるけ先生の差動バランスHPAですが、高音が少し耳に刺さる事が曲によってはあって悩んで(笑)いました。
そこで電源電圧調整用の半固定抵抗を変えたり、安井式電源フィルターから配線を離してシールドしたり、アースの取り回しを変えたりしてかなり改善しました。

でもまだ少し耳障りな部分が残りました。

そこで(というか偶然)秋月で以前見つけたボックス型エミフィルとフェライトコアをDR DAC2DXとQA550のAC-DCと本体との間にいれてみました。

そうしたら、あ~らびっくり、症状はきれいに消えてしまいました。
ただし少しおとなしい?音へと変わりましたが・・・

以前から深夜になると症状が改善していたので、ひょっとして電源が原因なのかなと薄々感じてはいましたが、まさかDACとプレーヤーの電源でここまで変わるとはビビりました。てっきり夜がふけるにしたがい人間がぼけてくるのが支配的なのかと思っていました。(理系人間的思考ですね)

こりゃ製作中のEMISUKE氏のDACと自作の電子ボリュームも高周波ノイズ対策は真面目にやっておかないと後々悩みそうです。

エミフィルやフェライトコアは、オカルトとまではいかないけど良識あるよゐこは手を出さないのがお約束なのに困ったものです。我が家は23区の端っこで住宅地ですから電源環境が特に悪かっただけかもしれませんけど。

というわけで今回もマニアなDVDのご紹介です。

videoRC VOL2

D-Link

ぜひご覧になってください
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。