言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうでもよい情報

エボで最高速を狙うならパワーより空力とギア比が大事。(パワーは出ていることが前提)

ギャランファイナルとノーマルミッションの組み合わせでギア比自体はOK。

ブロックが重くなろうが補強して頑丈なピストンと風量の十分なタービンと組み合わせて
300キロを狙う、これがエボでは妥当なところか。

GTRには遠く届かないのが残念です。
スポンサーサイト

一工夫

今はラリアートとギア比は同じでファイナルのみ3.7くらいに変えたPPGのミッションを使っているのですが
FSWでは13コーナーを立ち上がって4速に入れて15コーナーでまた3速に落としています。
これだとどうしても13、15コーナーの立ち上がりがかったるいです。

そこでどうするかですが・・・
なんとかなるかも、です。

機材の進歩を利用しない手はありませんよね。


足も更に軽快に動ける様にモディファイ出来そうです。
こちらは普通にジオメトリーの理論を使います。

じつはエアロを生かすも殺すも足の理論次第で、特にエボは元々の重量配分、トルク配分が独特なので、ちょっと今までの常識とは違ったアプローチが必要なのかもしれません。


どちらの問題も変な言い方ですが楽しみながら解決できたら良いなと思ってます。
というか楽しくて仕方ありません。
ヘンタイ?

雪とコンパネと

昨日はfswでビデオオプションさんの取材を受けてきました。

いつも通りしっかりとオチはつけてきました。

迫力のインカーとコンパネと雪はDVDでチェックしてください。

ちょっとだけばらすと・・・

1億6千万の車は凄かった!


少しは真面目な話を書くと、アンリミさんに狂っていた各部寸法を合わせてもらって、ボルテックスさんにエアロの細かい部分のセットアップをしてもらったら車が甦りました。

後は3速からの立ち上がりに技を入れてやってfswで言えばBコーナー以降の戦闘力を上げてやればいけそうです。

それと今季からご協賛いただいているオデッセイのバッテリーは効果抜群で、原因不明だった妙な電気系トラブルがほぼ解消されたようです。

今まではせこいバッテリーの能力不足をキャパシタで補っていましたが、優秀なバッテリーのおかげで綺麗な電源が利用できるので、電気系のトラブル(というか意味不明の現象)がなくなりました。

いつも書いてますが、調子の出ないチューニングカーにお乗りの方は、ぜひ一度ご自分の車の電源電圧を100Hzくらいでも十分なので観察して見てください。
何かわかるかもしれないですよ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。