言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

TAKI

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


取らぬ狸の皮算用


[続きを読む]
スポンサーサイト

近況

(ノスを吹く予定のエンジンとは別のプロジェクトのエンジンですが)昨日ダイノで4G63を回してきました。

タービンはおなじみのTCW77ですが、ヘッドにちょっとしたいたずらをしたら4000回転で46キロのトルクが出ました。
最高出力等は各自ご想像ください(笑)

実は先日蝸牛おやじ様に紹介していただいた、最強のL型を作る(380PS!9000回転オーバー!)八王子MAN様とお話していて浮かんだアイデアの半分を投入してヘッドを作りました。東名さんの280度カムも効いたのだと思います。(バルタイは270度カムとは幾分変える必要がありました)
あとの半分のアイデアは次のエンジンに投入したいのですが、そのためには新たに部品を作らなければならないかも(泣)
でもコストの問題がクリアできればデメリットなくしかもほぼ全域でトルクアップできると思います。(多分)

そのような手法はL型のチューニングでは普通に?行われているのだと思いますが、4G63では誰かがやったとは聞いたことがありません。
なんだか温故知新な気分です。

また大気圧補正は友人のエロ大魔王あかいけさんが世界初?の湿度補正と合わせて研究していましたが、今回Mephist様に送っていただいた大気圧センサーは、至れり尽くせりの取説付の優れもので、素人日本一奪回を目指すあっそさんの車に付けさせていただきました。富士と筑波を走るので結果がどう出るか楽しみです。

いつも思うのですが特にDジェトロの補正は複雑で、AE111の純正ECUもきれいには制御できていませんでした。(あくまで僕の個人的感想です) 水温一つとってもブロック内の各所で測定してみたいし、吸気温度にいたってはエンジンルーム温度計としか思えないこともあったりします。

エンジンにぎりぎりのパワーを出させる時には空燃比の少しの狂いが致命的になったりするので全開が続く領域ではフィードバックに頼ったりしています。
本来は補正が完璧に決まればフィードバックなんて必要ありませんが、実際には0.1~0.2程度の空燃比の狂いも危険な領域(タイヤのエア圧よりかなり高いブースト時など)では上手く使える人にとっては、ですが武器になります。

ノスはもうちょっと噴射量を細かく制御したいです。
更に小さなノズルを複数使うとか方法はないことはなさそうです などと使う前から妄想しています。

いつも通り複数プロジェクトが同時進行していてクラクラしながら適当に頑張ってます。

V-Proでノス(ドライショット)を安全確実に使うための準備

V-Proノス噴射用(ドライショット)マップ切り替え回路動作確認中
V-Proノス噴射用ソフト(ドライショット)確認中
やはりお安くノスを使うにはシステムが簡単なドライショットを選びたい。
またコンピューターは日本の誇るV-Proが王道でしょう。

ノスを吹くなら適当は嫌、ノスを吹かす条件を決めてその時だけきれいに吹かすこと、その時に燃料、点火時期をこうしたいと決めたマップで制御できることが最低限の条件です。(当たり前ですが)

今回それ用の回路を組み、ソフトを設定しました。
今時アクセルにスイッチ付けるのなんてかっこ悪いし。
ノスを吹く条件はアクセル開度と回転数で決めて、その時の燃料と点火は補正マップで対応することにしました。

机上での作動実験は完璧なのであとは車載してダイノに乗っけて壊さない設定を探るだけです。
下からぶ厚いトルクが出せて排気温度が下げられてパワーが今までより落ちなければ成功です。
まあこういうものはやってみなければわからない部分が多いので半分だけ期待しています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。