言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

TAKI

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デッキ交換

DC5を買った時に付いてきた2DINのMD,CD,チューナーデッキをCD,チューナーの1DINデッキ(アンプ内蔵のいわゆるワンボディってやつ)に交換しました。

デッキに付いてくるヒューズは15A,3Aでしたが、あえて最初に純正のオーディオ配線から常時電源とアースを取って鳴らしてみました。

そりゃ酷いものでした(笑)。
ちょっとボリュームをあげると聞くに堪えない音・・・

そのうちもう少しまともなデッキに変える予定なのでとりあえず常時電源を2sq(あはは)でバッ直、アースはセンターコンソールの純正の位置に同じく2sqで落としてみました。

もちろん劇的に(笑)音質は改善されました。

それとCL-1では空燃比計(LM-1)由来のノイズに悩まされましたが、今回のDC5+LC-1では今のところノイズらしいノイズは聞き取れません。これは嬉しいです。

ただデッキの発熱はアンプ内蔵のためか結構なもので夏はエアコンの風を当てようかと思ってしまうくらいです。

わざわざ重くするのもちょっと嫌だけどそこそこの範囲でまたプアカーオーディオでもやってみようかと思ってます。
リヤスピーカー外さなきゃ。


スポンサーサイト

俺が馬鹿だった・・・

安い物が大好きな僕は、ほぼ毎年サイバーエボ号のドライバッテリーを買い替えていました。
通販で約一万円で売られているものです。

ところがこいつにはいくつか問題点があります。

1、電源電圧をモニターしていると時々瞬間的に電圧がドロップすることがある(ただしバッテリーだけの問題か  どうかは不明)

2、充電電圧の上限が低い(実は自動車の規格に対応していないみたい)

1、はバッテリー内部で瞬間的な断線が起こっている可能性が高いのと2、を考えあわせると、元々自動車用ではないバッテリーを使っているのではないかと思っていました。
2、には秋月のキットの充電器を使って対策しています。

そして今日ネットを徘徊していて、実はこのバッテリーが秋月の店頭で見ていたあの安売りバッテリーらしいことを発見してしまいました。

これからはまともなドライバッテリーにするか鉛バッテリーに戻すか・・・ あるいは端子を工夫して秋月バッテリーを使うか・・・ 

貧乏なので答えは決まってますけど(笑)

感じる?

DC5に乗っていてごく低負荷で走っている時に、ファンを強制的に回すと、ごく僅か、しかし確実に減速する。

ターボエンジンの場合、点火系の要求電力が高いので、発電を止めてもそれほど有利とは思えないし事実あまり調子良くないが、NAで普通のガソリンを使っていてそれほどハイチューンでなければ、そして短時間でバッテリーが普通の容量なら一周だけ発電を止めるのも面白いかもしれない。
(昔のN1でそういうインチキがあったらしい。)

だから機械式パワステを電気式に変えるとかウォーターポンプを電気式にするとかは効果はあるだろうけれど信頼性も含めて考えるとどうなのだろう・・・

応答遅れと過渡特性

空燃比計自体の原理を考えると相応の応答遅れがあるし設置する場所によっても無視できない遅れが生じる。
更に同乗してのセッティングを基本とするならば表示の更新速度とそこでの遅れも無視できない。

いつもそれは意識しているつもりだけれど使い慣れていない空燃比計を使わざるを得ない時にはよくよく気を付けないとセッティングの微妙なずれを作ってしまいそうになる。


なんて当たり前のことを偉そうに書きましたが、なんのことはない、自分のDC5の空燃比計を使い慣れたLM-1からLC-1+XDー16に変えてあまりに表示される数値が違うのに驚いたわけです。

もちろんアースの取り方やセンサー位置には自分なりに気を使っていますが、それにしても数値の動きが違い過ぎです。

近いうちにアナログ出力をロギングして比較しますが、表示部分の差でこれだけ違うとしたら、こりゃ使い慣れた空燃比計をしっかり校正してつかうのがベストとしか言えません。

それといつも思うのですが、セッティングする時にはやはり同乗しないと本当の部分は見えてきません。だってダイノは正確ですが、それはエンジンが定常状態での話で、実際には高速道路でもない限りそういう場面はなかなかありません。ロギングすれば良いだろうと言われますが、確かに加速度もデータから読めますが、体感しないとやはり微妙な部分で納得のいくセッティングはできません。

公道で走れない車はログを見て解析しセッティングしますが、それでもできればインカービデオもあった方がより良いセッティングができそうです。
まあ一番良いのは自分で運転しながらパソコンを叩くことですがそれは流石に難しいです・・・

マイブーム

1、立ち上がり領域で実力を発揮できるスペシャルタービン用の燃料システムの追及
  良いところまできているけどあと一歩アイデアが・・・

2、画質劣化が少なくデータ表示の自由度の大きい画像、データ合成ソフト
  出来れば現場でデータを合成したインカービデオを見たい

3、軽くて画質が良く丈夫でお安いインカーカメラ
  マウントも工夫したい

4、ドライビングに特化したロガーは一般ユーザーさんにも普及してきたが、エンジンチューンにまでは生か  せていない状況をどうにかしたい
  ログは取ってからどう生かすかが問題 


それとお知らせです
ちょっと下の方の記事で紹介した動画は
蝸牛おやじさまのブログ
でも見られます。
マニア必見!

お問い合わせに関して(笑)

下の動画を見た友人からいくつか質問がありました。

1、ミッションが違うの?速度とギアが合ってないみたいだけど。

2、ブーストに変な数字がでているけどあれはなに?

3、最後のストレートで4速から5速へのシフトアップで一瞬吹けていないのはなぜ?

4、G-CIRCLEの数字が出過ぎてるみたいだけどなぜ?

お答えします。

1、PPGの標準の5速ミッションのファイナルのみを変えました。わずかにギア比の違う2種類のファイナルを  作りました。
  サーキットを走るエボユーザーにお勧めです。ただしミニサーキットには合わないと思います。

2、単位は不明です(笑)

3、ブレーキにスイッチが付いているのですがこれを敏感にし過ぎました。
  そのスイッチが作動してしまい一瞬空燃比が薄くなりすぎました。

4、これも単位が怪しいです(笑)

TrackVisionの練習

ちょこっとTrackVisionの練習なぞをしてみました。

動画中の数字が見難いとか単位が分からないとかの突っ込みは受付けません。
あくまで雰囲気を楽しむための動画です (^_^;)

よろしければクリックしてみてください(画質は良くないですけど)

実は空燃比や他のデータも表示させてみたのですが、画面の解像度の関係であまりよくありませんでした。

TrackVisionだけではなくDL-1+VIDEO4(純正仕様)も試してみたいです。

デモ画面を見る限りDL-1+VIDEO4は画面の解像度では一歩も二歩も先に行っている感じです。
イギリスに住んでいるなら絶対こちらを選ぶと思うのですが・・・

DL-1とTrackVision

いまだにロガーとしてDL-1を使っています。

良く言えば汎用性が高い、悪く言えば使いこなすには根性が必要ですが、慣れると結構便利です。

センサーとアンプを工夫して0-5V又は0-12Vに信号を加工できれば後の処理は(時々変なバグもありますが)概ね楽勝です。

今回どうしても走行動画とロガーデータを見やすく合成したくて、手始めにお安いTrackVisionを買ってみましたが、こいつも実は汎用性が高そうです。

DL-1とTrackVisionの組み合わせは、DL-1とVIDEO4の純正の組み合わせにそれほど引けをとらない機能を実現できそうでこれからが楽しみです。

勉強に作ってみたオーストラリアの動画は、データを見やすく合成することで凄く迫力が増しました。
ビジュアルも大切ですね)^o^(


シャッター アイランド

アーストラリアに行く機内で見たのですが、どうもなんだか結末が自分なりにすっきりと理解できずにレンタル屋に並ぶのを待っていました。
やっと10日になって並んでいるのを見つけて早速借りてきました。
こいつはなぜかコピーもなかなか厄介でしたが、それはなんちゃらいうソフトであっけなく解決してしまいました。
中身はもう一度見直してみるとやっとすっきりと?見通せましたがまあなんというか、わかってしまえばそんなものというか・・・
根がしつこいものでもう一度見てしまいそうですが4回は見ないだろうな・・・





お安い空燃比計

車から外してテストすると上手く動かないものがある。

これって電源系の設計がダメなんじゃないだろうか。
あるいはリセットがうまくかからないのか。

もう少し実験したら、一つ手元に余りがあるのでばらして検証するかな・・・

多くの人もここで引っかかっていると思う。


TrackVision買いました

遅れ馳せながらTrackVisionを買いました。

最初にfswの40秒台の動画にデータを合成しようか、オーストラリアのベストタイムの動画にするか・・・

ロガーデータを見るだけで仕事としては十分なのですが、世の中はヴィジュアル重視ですからね。

先ずはちょこっと遊んでみます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。