言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分でもびっくり

先日マイプアカーステのデッキからツイータ-用アンプへのケーブルをオヤイデ製の2芯シールド、方向性無し仕様から自作のBELDEN8412、スイッチクラフト、ホットのみ金色メッキ、方向性有り仕様に変えてみました。

出てくる音に大した違いは無かろうと思って聞いてみると・・・ ありゃま、定位がどっか行ってしまった(@_@;)
確かに解像度が増して細かい音は聞こえてくるけど何というか自分なりに苦労してまとめた音はどこかへ飛んでいきました。

謎のエージングが終わったら一から調整し直しますが、これって本当に接点の問題だけなの?
過去の経験からみてどう考えてもケーブル自体の物性が絡んでいるとしか思えません。

まあ今は理由がどうとかあまり深く考え込んだりはせず遊んでみます。

スポンサーサイト

激安充電器

091127_1659~01

[続きを読む]

全日本キャプテン

091126_1310~01

[続きを読む]

いろいろ見てください

http://minkara.carview.co.jp/userid/624651/blog/

http://minkara.carview.co.jp/userid/288635/blog/

http://www.cyber-evo.com/

http://ameblo.jp/unlimitedworks/

http://www.mksport.jp/

エアロを生かす走り方

ログを解析してみると、大王烏賊の有無で、限界横Gは僅かの違いだが(でもはっきりと違いは出ます)、限界縦Gはより大きく違う(数値は秘密)。これを走りに生かすには、小さいコーナーではブレーキングを頑張り向きを素早く変えて直線的に立ち上がる、大きなコーナーでは全体に速度を上げる、これがポイントになりそうです。

エアロを活用している車では、ある速度以下のコーナリングでは、逆に挙動が不安定になることがある、というのも十分うなずけるデータが見てとれました。
要するに空力が効かない領域では限界が著しく下がってしまうからです。

斜めに風が当った場合のエアロダイナミクスも知りたいですが、これは条件を揃えて大王烏賊を付け外ししてテストしてみると何か面白いデータが得られそうです。
Gサークルの縁を舐めるようなコーナーならきっと違いが出るはず。

国際格式のサーキットなら普通に走っても空力が生かせる可能性はありますが、筑波クラスの速度域のサーキットで空力を生かすには逆にセッティング、ドライビング両方にノウハウが要りそうです。

うちは幸いにも足もデフもエンジンも空力に合わせて進化させることができました。
これはドライバーさんが山田さんで空力の生かし方を知っているし、エアロは風洞まで使ってナカジさんが開発してくれているので、僕がぼんやりと頭の中で全体をまとめる時間が有ったからです。非常に恵まれた環境ですm(__)m

エンジンは、自分としてはチューニングカーらしく異常な吹けあがり方をさせるのが好きなのですが、今年仕様はおとなしい?吹けあがり方をします。これが空力と合っているみたい。当然想像は付いていましたが、認めるのがちょっと悔しかったです(笑)。ただまだ自分の中では完璧なセッティングではなくて、これからEX側のバルタイも詰めていく必要はあります。エボXの経験からも結構変わるはず。

MIVECはRX6も大人しい特性に調教しちゃいました。アイドルは1000回転だしカローラ並みの扱いやすさです、マジで。全開すると怖いけど。
何よりパソコンでバルタイをいじれるのは楽です。朝の15分は貴重ですから。

今はエボのユーザーさんは、VOLTEXさんの性能の良いエアロが買えるのですから、後は頭を使って他の部分を合わせてあげればタイムは上がるはずです。

インコネルか純正の鋳鉄のエキマニならアンチラグも楽しそうです。MIVECと合わせるととてつもなく楽しい車になりそう。RX6は排圧を常にかけていたいので結構アンチラグと相性も良いと思います。

ああ、まだまだ楽しめそう。

テスト

大王烏賊が無くてお腹の下がスースー、タイヤは08年4月製造の中古Mコンパウンド、まだエンジンのセッティングが手探りでブーストも上げられない状況の元、主に新しいパッドとエンジンのセッティングの方向性を決めるためにHPIさんの走行会でテストしてきました。

これからログ解析をして今後の開発、セッティングの方向性を決めていきます。
おそらく改良すべき点は多いでしょう。

一番驚いたのは、ストレートで車体が沈んでいかないこと。大王烏賊があるとストレートで車体がどんどん沈んでいきます。

これの影響を一番受けたのは実はブレーキで、フロントに初期の良いパッドを入れたのにも関わらず、初めて1コーナーのブレーキでリヤが一瞬ロックしました。

タイムは55.7でしたが多くのデータが取れました。

コンディションが良ければレブでは一発狙います。

今日は山田さん、お子さんが生まれそうなところウィングを持って鈴鹿から駆けつけてくれたvoltexのナカジさん、アンリミの佐藤さん、鍋島メカ、関田師匠、森田名人、奥さん、赤池さん、安原さん、ありがとうございました。
またTEIN様、PFC様には直接状況を見ていただいてアドバイスいただき大変参考になりました。
ありがとうございまいした。




マニアック

タイヤのお仕事

ここらへんの動画は参考になります

僕は英検4級なのでよくは聞き取れませんが、しかしマニアックな解説してますね。
こんなの向うのマニアは喜ぶのか?

オシロ(みたいなおもちゃ)

オシロ

[続きを読む]

ACD

かねてから実験中のエボⅩRS用社外ACDですが、かなり良いです。

カウンターをあてながらエボⅩが豪快にタイトコーナーを立ち上がってくる様は迫力満点です。

コーナーの各部分に対して微調整可能なのでドライバー、チューナー双方にとってメリット大です。

今までの社外のやつはあまりにも制御が大雑把過ぎて辛かったあなたに最適です。

それとフリーモード、ロックモードもあるのでラリーの時のトラブルからの脱出、牽引時にも便利です。
ドライバーさんにフリーモード、ロックモードで走行してもらえればACDのありがたみも分かってもらえそう^_^;

エボ7,8,9RS用社外ACDもあります。
こちらもドライバーに合ったセットアップができればタイムアップの武器になります。

どちらも現場サポートも見据えて現在着々と販売準備中です。

謎のグローブ


[続きを読む]

インチキ慣らしと暫定パワーチェック


[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。