言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひとりで頑張るのもよいけど

今日友人から電話をもらってはたと気が付きました。

Motecと純正ACD-ECUは共存可能じゃないか!
なんで気が付かなかったのだろう・・・ やはり悩んだ時は苦労した先人のアドバイスはありがたいです。頭は柔らかくしておかないといけないですね。

ブーストはこうだとか、車高はこうだとか、このオイルはとか、タイヤはとか、先入観はクリエイティブな思考を邪魔します。

また楽しみが増えそうです。


そういえばⅩの場合、Motecを使わないでアンチラグ可能なリプレイスECUを使う選択肢も
あるんだよな・・・
どなたかやってみませんか? こういう楽しいことならお手伝いしたいです。
スポンサーサイト

小さいバッテリー

世の中には速く走るためには軽量化が大事と、バッテリーを小さくしている人が大勢いますけど
これって結構危険です。

そういう人は試しにバッテリー端子にオーディオ用オルタノイズ除去用キャパシタを噛ませてみると
アイドリング安定、吹け上がり改善と良い事があるかも知れません。
純正ECUはそこらへんの対策は良くできているのであまり体感できないかも知れませんが
社外ECUに変えている人はチューニングだとか言う前にまずは電源対策してみると意外にも
体感できることも多いはずです。

今秋葉原で電気二重層キャパシタというのが結構安く売られていますが、耐圧に気をつけるのと
フィルム系のコンデンサをパラに使うこと(出来れば数千μFのオーディオ用コンデンサも)に
注意してバッテリーもしくはオルタネーターにパラに付けてやると体感できるかも知れません。

一番良いのは純正の容量から極端に小さいバッテリーに変えないこと、普通の鉛バッテリーを
使うこと、リヤに移動するならブットイケーブルで繋ぐことです。

ECUはECUにかかっている電源電圧を監視しながら常にインジェクタ噴射時間を補正しています。
また各種センサーは12Vから5Vに落として使っていますがそれでも電源電圧に含まれるノイズ
の影響は受けている様です。

速く走りたいなら電源にちょっこっと頭を使うと良いことがあるかも。

TP CHECKER

実は昨日の走行ではTP CHCKERを装着して走りました。
リアルタイムで4輪のエア圧を監視するツールです。
こちらもデータを解析したら報告します。

たまには全日本ラリーなんていかがですか?

全日本ラリー選手権

第一戦

結果

コンピュータエンジニア奮闘記

ハイパミ

暑い中お祭りに行ってきました。

うちはほんの数周デモ走行的に走っただけですが、さすが森田名人、
あの気温と路面温度、すり減ったタイヤで57.3で走っちゃいました。

いつも通りぶっつけ本番でパワーも本気仕様から50psは落ちた状態で
ミッションはフジ仕様(と言うかGSRノーマル)、エアロもフジ仕様です。
つまり筑波には全然合ってない状態ですね。

インカーはDVDで公開されるのかな? DVDに収録されなければ
ネットで公開しちゃいます。

見どころはコーナー進入からクリップまでの車の動かし方です。
ここがポイントです。

暑い、吸気温補正が気がかりな今日この頃

カーステのツイーターやっつけました。

そこでWavecorのTW030WA06を注文しました。
バックチャンバー付きで4Ωとカーステを意識した(のかどうかは知りませんが)仕様です。
ただデカイ・・・
まあいつも通り適当に設置工事する予定です。

P4100は順調に破壊工作が進行中です。
電源の電解コン16個交換しました。
蓋が閉まりません。


話は変わりますが、お手伝いしているMOTECが昨日から九州方面で活躍中です。
僕より優秀なエンジニアが活躍してくれいるので調子良いみたい。
楽しみです。

ⅩにMOTEC

Ⅹは重いです。実際の重量も動きも。

ある競技ではMOTECが使用可能ですが、うまくMOTECの機能を使えると、アクセルオンした時の
レスポンスの良さがその重さを打ち消してくれます。
Ⅸまでももちろんその機能は有効でしたが、Ⅹだとこれが無くてはちょっと勝負にならない感じです。

社外ECUとして普段はV-Proを使うことが多いのですが、遊ぶなら機能の豊富さもあって
やっぱりMOTECが楽しいです。

ただ、まだソフトに癖があり過ぎるので「分った」エンジニアがいないとセッティングまでいかずに
挫折してしまうかも知れません。

今回もセッティングにこぎつけるまでには裏方さんが大変な苦労をしました。

昨晩もまだセッティングは80%位の仕上がりで、もうちょっと遊べる予感です。

しかし直感的にいじれる部分に関しては本当にいじり易いのですよ、MOTECって。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。