言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

TAKI

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


筑波アタック動画マニア

http://pivotjp.com/
秘密のベールに包まれた?あっそ号の走行動画です。
関係者の皆さん、必見です。
スポンサーサイト

エボ6用ノーマルラジエター上等

昨日はすさまじいまでの埃と花粉飛交う中筑波のアミューズさんの走行会に参加してきました。
勝手にアタックしてその様子をビデオオプションさんに取材していただきました。
何時もの様にアンリミテッドさんが実働部隊として頑張ってくれました。ありがとう、トミオさん。

メインテーマはボルテックスナカジさんの風洞実験からのフィードバック第一弾=試作エアロパーツのテスト、次にインチキ全開シフトのテスト、更によくわからない自己満足のエンジンセッティングのテスト、そして53秒に入れるための心の準備です。

路面温度もかなり高く、コンディションは何時もの春先の筑波って感じでしたが、3年前の誇りに、もとい埃にまみれたタイヤでふらふらしながらも54秒台、何台かに引っかかっても54秒台、新品タイヤでも54秒台となんだか良く理解出来ない結果になりました。

しかしエアロパーツ変更の効果は大きいです。
ブレーキ、操縦性に与える影響は絶大です。よーく理解して弄らないとやばいです。(昔の「やばい」の使いかたです)

ただはじめて「パワーが出すぎて空転量が多い」と山田さんに言われたのは嬉しかったです。(山田さんとしてはもっと足&パワー特性を工夫しろと言う意味で言ったのだとはよーく分かっていますけど)

インチキ全開シフトにもさすが山田さんです、すぐに慣れて使いこなしていただきました。新しい考え方のエンジンセッティングも(そんなものあるのかって?まあなんとなく脳内で組み立てました)うまくいったのでしょう。

ただ「滝沢さん、ロガーってありますよね。あれで見れば良いのじゃないですか」と山田さんに言われたのには驚きました。一応使ってます・・・ たまーにはですが結構細かく解析してます・・・
ひょっとして全て今までは「勘」でセッティングしていると思われているのかな?それの方がスゴイけど・・・

これで機会に恵まれれば53秒に入れる事が出来るだけの前提条件は整いました。
今の仕様で53秒が出ればちょっと威張りたいです。

オタク対決

金山さん率いるASM S2000も風洞に入る予定です。

車自体のクラス分けは違いますが何時も僕はASMさんのアタックを興味深く拝見させて
いただいています。
プロフェッショナルがきちんと各自の仕事をしてきちんと結果を出す、素晴しい体制です。

うちはなんだかわからない謎のインチキ臭い集団で、はまるとちょっと速い、と言う感じで
まあ対照的なチームカラーですW

ASM S2000は目で見て分かるほど別格のコーナリングスピードの高さを誇っていますが
それが空力からくるものなのかそれともそうではないのか、これはとても興味深いところ
です。

結果を見ながら金山さんとチューニングオタク談義をしたいです。




風洞実験からフィードバック

28日のアミューズさんの走行会で風洞実験の結果をフィードバックしたエアロを身に纏う
予定です。(他にも変な新兵器をテスト予定です)
風洞実験の結果を少しでも現場に役立てようとする試みですがこれは僕が前から自分の「勘」で是非試したいと思っていた部分でもあります。
やっぱり出っ歯にドデカイGTウィングは基本でしょう。
火でも吹けば完璧ですねW

ちなみに今日はエボ用ボルテックスストリートバージョンエアロの実験をしているはずです。
結果はまとめて雑誌またはビデオ上で発表されると思います。

首を長くしてお待ちください。

実車風洞@三重大学

先ずは風洞を貸してくださった三重大学大学院工学研究科機械工学専攻前田教授、実験を手伝ってくださった院生の皆さん、とんでもない苦労をして風洞に車をセットするヤグラを組んでくださったボルテックスの中嶋社長、中嶋社長とともにこれまた大変な思いをして車をセットしてくれたアンリミの関田師匠、本業を犠牲にして群馬からお手伝いに来てくださったエボのオーナー藤井さん、はるばる三重県まで取材に来てくださったビデオオプション、オプション2のスタッフの皆さん、ありがとうございました。

僕は失礼にも昨日まで風邪で寝ていて今日になってノコノコ出かけていってその上ビデオに出て中嶋社長から仕入れた一夜漬の知識をカメラに向かって喋ると言う極めて安楽な役をやらせていただきました。

しかし自分の車を実車風洞に入れて実験出来るなんていう幸運は滅多に無いでしょうし、まだ始まったばかりではあるけれど、エアロパーツの効果が理屈通りL/D=4のラインに乗っていそうなことが分かったりしただけでも結構画期的なことだと思います。

明後日はノーマルとボルテックスのストリート用エアロパーツで武装したエボを比較する様ですが、おそらくとんでもない差が出るでしょうし、それを数字で見ることができるだろうと思います。

ビデオの方は面白いものになると思います。例の人体実験、某大学の学食での風景等、ちょっと他では見られないのでは・・・

縦の会(空力友の会)

タイヤは縦に使え!が空力を生かすための合言葉です。

今日片倉さんと動画を見ながら反省会をしていたのですが、やはりタイヤはできるだけ縦に使うのが空力を使う為の鉄則です。

実はGT500の車載ビデオとあっそ号の車載ビデオ、似ている点が多いのです。たかが箱のチューニングカーなんてGTとはレベルが違うと言われそうですが、ポイントを決めて見ていくと似ている点が沢山あります。

30年近く参加型モータースポーツに関わっていますが、やはりタイヤ、空力の進歩は運転も大きく変えた様です。

僕が始めた頃は「男は車を横にするもんだ」でしたが(群馬流?)、今は「タイヤを生かせ」です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。