言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オーディオ ウィルス

昨日、サラリーマンの帰宅時間の秋葉原に行って来ました。

いつものナントカマツで娘用に4機目のTA2020キットを買ってから
同じフロアーのなんとか無線にいつもの様に行ってfostexの新しい
ウーファーを聞かせてもらおうと申し出たら・・・
断られました。
あそこのおばあちゃんは感じが良いけど若社長らしき方はツンデレ
作戦なのか・・・
まあサラリーマンルックに混ざっていつものスニーカーとスポーツジャケット?
でのこのこ出掛けたので冷やかしと思われたのでしょう。

気を取り直し僕ら庶民の味方、○イズミ無線に行っていろいろとベテラン
そうな店員さんにお話しを聞かせていただきました。
美味しそうなお買い得感漂うスピーカーを見学させていただきました。

その後これまたいつもの様に○イシン無線でコンデンサーを物色したり
○ヤイデ電気で電線見学をしたり秋月で電源を購入したりして遊んだの
ですが、平日夕方の秋葉原もおつなものでした。

ゆっくりとスピーカー、アンプの音を聞いたりする雰囲気ではなかったけれど
活気があって楽しかったです。

これからは夕方の秋葉原に出掛けるのも良いなあ。
スポンサーサイト

意味不明で高価なパーツ

オートサロンでどこかのブ-スに展示され、雑誌の新製品紹介にも出ると思います。
製造、プロデュースは別の会社で、うちは販売を担当します。

ものは・・・・・
エボ4以降用で、リヤのジオメトリー関係のパーツです。
価格はビックリする程高価ですが効果もバツグンです。
ただしポン付けでは実力は発揮できないところがまたマニアックで良いです。
エアロを付けても思ったほど効果が出ない、フロントにロールセンターアジャスターを付けたが
なぜか余計曲がらなくなってしまった、と言うあなたには特にお勧めです。

カーオ-ディオとチューニング

カーオーディオいじりの真似事をやっていてやはり車載の場合電源が大きな問題だと気が付きました。
これっていじりまくったチューニングカーも同じ問題を抱えている事があるのでは・・・?

僕のエボもほんの少しだけいじってありますw
バッテリーを後ろに持って行ったりアースを間引いたりしています。
そのためかどうかは分かりませんが、電源ラインに含まれるノイズが周期的的な成分、突発的な成分、共に多いです。

今回サン自動車様の試作品を入れてみたところ電源のノイズがぐっと減ってエンジンの調子まで変わりました。

バッテリーを後ろに持って行ったりのいたずらをしている車は一度電源電圧をログってみましょう。案外つまらない不調の原因になっているかも知れません。

自滅

ほとんど寝ずにメンテをしたアンリミスタッフ、素晴らしいエアロを毎回作ってくれるボルテックスの中嶋社長(今回は5日のテストもスポンサードしていただきました)、自分の車のアタックもあるのにいろいろとアドバイスをしていただいたMKスポーツの森田名人、わざわざ見に来ていただいたサン自動車の方々、このブログによく登場する片倉さん、その他お手伝いいただいた方々、それに応援してくれている方々、申し訳ありませんでした。

5日のテストから本番用にエンジンをセットアップ、タイヤも本番用にウォームアップしたものに換えて、しかも足、デフ、エアロがぴったりと決まった状態でアタックを開始しました。
狙うは53秒台、そうしたら・・・
2ヘア手前でドラシャが左右とも折れました。
現在通常手に入る材質、表面処理の中ではベストなもので作りましたが
ドラシャの長さとパワーと決まり過ぎた?足のためにとんでもない負担がかかってしまったようです。

山田さんはめったに足もエンジンもこれで良いとは言ってくれませんが
途中までは完璧だったそうです。
きっと珍しくバッチリ決まってしまったのがドラシャには余計な負担になってしまったのでしょう。

これからF1のコンストラクターにでもお願いしてみようかな(ウソです)。はてさて、どうしようかな・・・

名人の全日本ジムカーナ車両(コンピューターで速度リミッター解除、ブレーキパッドくらいは変更しているのかな? 純正触媒付き タイヤは265-35-18 048)でのアタックは59秒フラット位(正式にはリザルトを見てね)でした。58秒台に入らなくて残念そうでしたが、他のジムカーナショップにも是非サーキットのタイムアタックに参加して欲しいです。サーキットでのアタックにも積極的に参加している名人を僕は尊敬しています。
ちなみにアタック後ジムカーナ場でアメリカの某テレビ局の取材があったのですがこの時の名人の嬉しそうな顔・・・ D1選手とエキジビションで共演したら絶対うけますよ。



レブ

今シーズン最初にして最後の?テストをしてきました。

森田名人にエア圧を見てもらい、voltexの中嶋さんにエアロを見て
もらい、メンテはアンリミにやってもらい、ドライバーは山田さんと
言う何時もの強力メンバーです。本当にいつもいつもありがとう。

超ローブースト(当社比)で55.5まで出ました。
もちろんタイヤは中古ですが、これで本番ブースト、本番タイヤに変えたからと言って黙って1秒速くなるというものでもありません。

さて、明日は本気モードでアタックして来ます。
どうなるかな、ちょっとワクワクしています。




忙中閑有り 現実逃避

2車種ECU同時開発 自分家の車のアタックでまあまあ?忙しいです。

こういう時ほどカーオーディオとか遊びに逃げたくなってしまうのは受験生時代から変わっていませんw

今日はトランスをRCAに仕込んでノイズの変化を観る予定です。

アウターバッフルの仕上げ、アンプラック(的な物)製作、ツイーター
取りつけ等などまだまだ遊べそうです。

たまには車関係

何度も書いてますが・・・

なーんにも改造していないエボでもデータを計測して見るととんでもない空燃比で走っている個体があります。
もちろん改造どころではないのですぐに修理が必要ですが、要するに
ドノーマル車でもポンプは消耗品なのです。
もちろん普通に?なら走れますが、遅い、壊れるの二重苦の状態です。

特に7以前のエボは専門店でチェックしてみるとスゴイ事が判明する事がままあるでしょう。

タイミングベルト切れよりポンプの劣化の方がはるかに頻度は高いし、危険性は同等レベルです。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。