言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

TAKI

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お礼

皆様のご協力のおかげで、ほぼ完璧に必要なものを揃える事が出来
ました。
ありがとうございました。


スポンサーサイト

ご協力お願いします

平成10年春くらいから平成12年春ごろのオプション誌、
オプション2誌、ビデオオプション、オプ2ビデオで
「サイバーエボ」(車でもコンピュータでも)が少しでも
載っているものを貸していただける方がいらっしゃっいましたら
cyberevo@trio.plala.or.jp
まで連絡頂けると助かります。

近県なら参上します。

よろしくお願いします。



TA2020 とりあえず車載しました

ヘッドユニットはDXZ845MC アンプは若松SPキットのTA2020
(適当にコンデンサ 抵抗を良さげなのに換えてあります) 
スピーカーはMACROMの超安物コアキシャル+BB4純正ツイーター
(コンデンサーは指月のフィルム1.5μFに換装済み)
スピーカーケーブルはツイーターはエーモン ミッドはスピーカー
付属のいかにも安物 デッドニングは面倒だし重くなるのも嫌なので
エーモンのスピーカー回りだけの簡易版 こんな組合せで今日試聴して
みました。
尚リヤの純正スピーカーは殺しました。

結果ですが、DXZ845MC内蔵のアンプを使っていた時より、音の解像度
は段違いに良くなり、低音、高音共に綺麗に鳴ってました。
ただしDXZ845MC側のボリュームを最高にすると、TA2020のボリューム
が12時以上の位置では音が歪んで気持ち悪かったです。
また、音が平面的で魅力ある感じではなかったなあ。 
もっとこう艶やかな音が聞きたいです。(お値段が安いのであまり
贅沢は言えませんが)
スピーカーケーブルでももう少しましなのに換えてみますか。

時間が無くてまだマイケルシェンカー(おじさんで悪かったなw)
しか聞いていませんが、これから女性ボーカルものなんか聞いて
みたいと思ってます。
TA2020自体まだ数時間しか通電していませんから、これから化ける
かも知れません。
ただマイケルシェンカー聞くならまともなSWが欲しいです。



自転と公転

有名なドライバーの方が「コーナーで走行の軌跡が外にふくらむ
事をアンダーステアと言う」と書いていた。
これは定義の問題なのでそれはそれで良いのだが、僕はドライバーに
インプレを聞いていて「アンダー」と言う言葉が出たら、コーナーの
どこの場所でどういう操作をしたら車の動きがどうなったかを聞く
事にしている。
例えばACD,AYC装備の車で、コーナリング中にアンダーが出た場合に
コーナー出口でアクセルを踏んだら走行軌跡が膨らんだのか、それとも
車の向きが外を向いてしまったのか、そこはセッティング上重大な
問題になる。
なぜならおそらくはACDのセッティングは真逆に向かうであろうから
だ。(実際にはLSD、足のセッティングにも大きく依存するが)
ここが難しいところで「ACDを強くしたらオーバーになった」と言う
人もいれば「いや、アンダーになった」と言う人もいるのだ。
(AYCの制御は同じでもACDの制御を変えるとで当然AYCの効き方も
変わる。センターデフロック時にはアンダーが弱まるとする考え方も
ある)
雑誌のインプレを見ると、ドライバーも編集者もそこを見過ごして
いて変なことになっていることがある。

ただし面白いのはプロドライバーはなぜか皆さん同じ傾向の
セッティングを好む… やはり速いドライバーは似たセンサー
を持っているのだろうか。

またまたリレー

リレーで音質が変わる?
変わります。僕の場合変わりました。

アンプの電源をリレーを利用してオン、オフしていますが、量販店で
売っている安いリレーはなぜか音が変でした。
手で軽くリレーを叩くと明らかに音が変化しました。

そこであるルートで手にいれた自動車用リレーに変えてみたところ
そのような現象はきれいに消えました。

実はこれは事前に予想できていたことで、うちの車の燃料系統が
なんだか少しだけおかしい時に、リレーを良いものに変えたところ
ピタリと症状が消えたことがありました。

ロガーで見てもポンプ電圧の瞬間的な落ち込み(燃圧自体は
センサーの反応速度の問題なのか問題は見られませんでした)が
見られなくなり、電源電圧自体のリップル成分も減りました。

アースのとり方、リレーの品質等々の問題は、ロガーを見て初めて
問題がある事自体に気が付くことが多いです。

チューニングした車がなぜかほんの少し調子が悪い、なんて時は
電気系の見直しもやってみると良いでしょう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。