言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

TAKI

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トーアウトの真実

エボでトーアウトは常識!みたいになっているし、それで成果も(他の
ショップさんも含めて)ある程度は出ているのだが、うちでは今はもう一段上のセッティングを試している。

うちの車は現状で前後サイドスリップはゼロ付近、おそらく見た目にはノーマル然としたたたずまい?かも知れない。
それでも以前と同じ位の回頭性は確保しているのだがこれには勿論理由がある。

リヤのトーアウトはアンダー対策として有効だが、それはリヤ内輪の接地荷重が抜けている、もしくは浮いている事が必要条件で、もし十分な?接地荷重があればトーアウトは有害な要因にもなり得る。
ここらへんはタイヤの動的なアライメント変化とも絡むので正解を見つけるのは難しいけれども、テストしてみると机の上の理論通りになる事が多い。

実は今までいろいろとテストして来た過程で当時には原因が分からなかった現象が理解出来る様になってきた。
なんと言うか中学校で学んだ物理の法則の確認みたいな感じだ。

レブ誌のイベントが12月7日に筑波で開催されるが、よーくパドックで車を見ると動きが予想出来るかも知れない。
予想が当たったりすると嬉しいし、自分の車のセッティングにも使えるワザを発見出来るかも。
スポンサーサイト

講習会

昨日HKSさん主催のFCON-is FCON-Vproの講習会に行ってきました。

学生の頃から睡眠しながら講義を頭の片隅で聞くのが特技だったので
昨日も半分はヒノプス睡眠学習法(古すぎ!)で済ませました。

セッティングなんつうものはパソコンが得意かどうかなどほとんど関係無いのはご存知?の通りで、例えば今エンジンが燃料を欲しがっているのか、点火は進めるのが良いのか、遅らせるのが良いか何て事を雰囲気(雰囲気なんですよ、本当に)で分かれば十分な事が多いのです。

でもこれが微妙なトラブルシュート等ではログを読み、理屈を立てて考える事が必要になってくる事が多く、こういう場面になると初めて頭を使う必要が出てくるわけです。この時にもパソコンの知識、技能なんてほとんど関係ありません。機械屋さん的な力が試されるわけです。

ではどこでパソコンと言うか電気的知識が必要になってくるのか、それはツールがまだ用意されていないECUをいじる時です。いわゆるそのECUの解析、開発をする時で、これは普通のショップさんの仕事ではありません。

と言うわけです。
きちんとした計測が出来てセンスのある整備が出来れば十分です。
パソコンが上手いか下手かなんて関係ないと思いますよ。

ハブ

足に使っているC230の左前から回転に同期したこすれる様な音
がしてきた。またわずかだがふらつきが出てきた。
こりゃハブだろ、と言うわけで仕事のついでにHRSさんでリフト
アップして点検してみると予想通りハブにガタが出ている。
フロントの山村君が中心になって直してくれたのだが、これが懐かしの
テーパーローラーベアリングだった。
当然ながら「手」見当でプリロードをかけるのだが、その後の走行時の
抵抗感、なじんで微妙な振動が消える感じ、86に乗っていた頃を
思い出した。当時自分で微妙にプリロードを変えながら走っては
試ししていたのが懐かしい。

サーキットを走る人にはハブの点検は欠かせないが、走らない人も
たまにはチェックしてみよう。ジャッキアップしてタイヤを縦に
揺するのは簡単だし、意外と距離とは関係無くガタが出ている事も
あるしね。

都市伝説

1、サイバーエボが使っているのと同じ仕様のエンジンを頼むと
500万かかるらしい

おいおい、そんなにもらえるなら僕のエンジンより数倍良い物が作れ
ますぜ。
大体アンリミさんに行って誰が作ったエンジンか聞いてみるといいよ。


2、足はジムカーナ屋さんが作っているらしい

おいおい、それならもっと良い足が作れるぜ、いやホント。
実際にはアーム類、ドラシャは別々の加工屋さんに製作を依頼、
アライメントは目見当、ジオメトリーはインチキ測定、挙句の
果てには現場でいじりまくり、こんなもんです。
コーナーウェイトなんて計った事も無い。
もちろん名人からアドバイスはもらってます。
それとテインさんには毎回仕様変更してもらってますです、はい。

3、500万あれば同じ仕様の車が作れるらしい

おいおい、パーツ代だけでももっとかかるぞ。


4、あの車は危険な操縦性だ

おいおい、とんでもない言いがかりだ。
前回のハイパーミーティングで木下さんが乗って証明して
くれた通りセットアップ次第で操縦性はどうにでも出来る。
ついでに、耐久性が無い、と言うのもとんでもない話だ。
確かに狂った様なブーストをかければそりゃ壊れるが、ブースト
2.3k位までなら全然問題無し。
こういうのって耐久性が無いって言うのか?


5、(どこのショップさんか知らないけど)あんな車を作るのは
   簡単だが俺は作らない

これもよく聞くけど・・・ まあコメントし様が無いですね。



でもいろいろ言ってもらえるうちが華なのかな。
アタックしている現場を見てもらえれば一目瞭然なのですけどね…
これからも都市伝説を作ってもらえる様に頑張ります。

セール

http://www.green.dti.ne.jp/unlimitedworks/
アンリミさんがアメリカ遠征記念セールをやっているみたいです。
一度覗いてみてくださいね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。