言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


重量ハンデ付き広報車バトル 或いはスペックバトル

ノーマル状態での「速さ」に異常にこだわる人が大好きなベスモを買って来て見た。

僕に言わせれば車なんて素材に過ぎないのだから、エボ9MR GSRが遅ければ自分で速くすれば良いだけ。でもあまりにお金と手間がかかるのは嫌だから、ベースとなる部分がきちんとしている事が重要だ。
そう考えると、ボディ剛性は三菱の事だから素晴しいだろう、ミッションも問題無い、AYCも更に改良された、ブレーキは最高、後はフロントデフを入れて吸排気系とエンジンECUとACDに手を入れれば順位はベスモとは全く違ったものになるに違いない。

世の中にはいろいろな人がいて、絶対ノーマル以外認めない人もいるし、それはそれで面白いから良いのだが、そういう人の車選びにとっては、ベスモの「広報」ノーマル車バトルはとても大きな影響力を持つのだろう。

がきんちょは車のスペックを見て興奮するもので、別に大人がそうであっても構わないけど、せっかく車をいじれる環境にあるなら自分で出来る範囲の手の入れ方をした時の「速さ」も気にしておくと良いだろう。

それとAYC付き車のあの「どんより」とした動きは解消出来る、と言うか足とデフとACDとタイヤ、アライメントのセッティングで解消しないと速くは走れない。

今年上手くいけば某イベントでブーストアップのエボを走らせるかも知れないが、そういう時に自分なりの課題を持って車とその車に施されたセッティング見ているといろいろと参考になる部分があるかも知れない。
得てしてそういう部分はスペック表には出てこないものだ。
スポンサーサイト

MR

9と多少制御パラメターが変わっている。

笑ってしまったのだが噂によると僕はある人から教えてもらって
いるからコンピューターがいじれるらしいのだが(笑)なぜか
偶然にも解析出来た。

MRユーザーさん、お待たせしましたがやっと出来ました。

ミスファイア

近年の競技用タ-ボ車には規則が許せば大抵は付いている。
ミスファイアの定義としては「アクセルオフで何らかの方法で
空気を取り込み、エキマニ内で燃焼させてブーストを維持する
事」とでもなるだろうか。
特許の関係なのかいまいちその仕組みに付いては一般に流布されて
いないが、モーテックのアンチラグは確かに効果はあるしアイドル
制御も強力だ(謎
グループNはミスファイア用デバイスの追加が不可なので、確かに
モーテック方式のアンチラグは魅力だが、最新のVプロではミスファイアリングソレノイドの制御(エボの制御を大いに参考にしているふしが
ある)とミスファイア制御(点火、空燃比フィードバック、燃調)が
いろいろといじれるので、やりようによっては面白いミスファイアも
可能みたいだ。(当社にて実験中)
ポイントはミスファイア用に取り込む空気量で、当社ではポルシェの
ISCVを使っている。
ノーマルの2次エアバルブを使って空気を取り込む事も出来るが
量自体が少な過ぎる様だ。

最近のブーコンに注文を付けちゃう

困ってます。

ブーコンってブーストを一定にするのが全てではありません。
レスポンスとハンチング、おまけにスタ-トブーストの調整も出来るに
越したことはありませんが、サーキットを走るタービン交換した車輌
にとって何より大切なのは、回転数、アクセル開度の2次元マップで
目標ブーストを決められる事です。デューティーそのものをいじれる
事より目標ブーストを入力すればブーコンが自動でデューティーを
制御してくれる方が使いやすいです。

パワーが出過ぎてトラクションがかからない車の場合には、速度
もしくはギアによってブーストを変えられる機能も欲しいです。

今のところ使いやすくてまあまあまともに動いてくれるのはHKSの
EVCプロくらいでしょうがこれが絶版… 
もっとも僕が使っていなくて知らないだけで密かに良い物はあるのかも
知れません。

どこかのメーカーさん、フルチューンに対応出来る高機能ブーコン、
作ってくれませんか。



カム交換の常識

高回転型にするならカムをハイリフト、作用角の大きい物に変える?
そうですか、頑張ってね、じゃなくてそれはタービンが純正流用
の場合ほとんどが逆になります。
タービンで最高出力(風量)が決まるわけで、そこまで早く回しきり
たいならハイカムを使うのも良いでしょう。ここらへんも実際には
微妙で、カムとバルタイによってはタービンの回り始めが上に行って
しまう場合もあるのです。
タービンが回り切ってしまってからはブーストを少し下げてやったり
バルタイのオーバーラップを減らしたり、ゲートを開いて排気を
逃がしたりしてタービンの過回転を抑えているわけでそこを
考えてみてください。
特にエボ9はMIVECとノーマルカムの相性が良いみたいで、僕なんかは
貧乏性なのでエキマニもエンジン本体もノーマルのまま、3037あたりを
よいっしょっと回せないかと考えています。
感触的には十分いけるはずです。
エボ9のポン付けタービンキットが出現する日も近いでしょう!?

Skype

今日はじめました。
ネットを使って無料で通話出来るみたいです。

電話頂ければSkypeのIDお知らせしますので、電話から
こちらに切り替えましょう。

MIVEC

HKSからエボ9用のバルコンが発売された。
資料を見るとターボの効き始めが良くなっていてそれ以上の回転数
では差は見られなかった。
これは自分が純正ECUのMIVECマップを変えながらセッティングした
結果と良く一致している。
つまり純正カム、純正タービンを使う限り、MIVECはターボの
効き始め部分を改善するのに非常に役立つ。
また面白い事にポート形状で最適なバルタイが随分違ってくる
事も分かった。フローベンチでの計測結果と合わせてみると
興味深い結果が見えてきそうだ。

そんなわけでエボ9をV-ProでDジェトロ化したい皆さん、
面倒な事をしなくてもバッチリセッティング可能です。
エボ8までの腰下にも9ヘッドを乗せるのは難しくはないので
これからはバルコン+V-Pro制御で純正タービンから3037あたりを
使って下からたっぷりトルクの400~500馬力で楽しむのが
良いかも。

陣地取り

昨日フジにテストしに行きました。

朝、車をローダーから降ろして作業していると、どこからともなく
現れた小奇麗なシャツを着た人がいきなり僕の小汚い小古ベンツを
含んだ一帯にパイロンを置いて囲い込み運動?をはじめました。
囲み込まれては困ってしまうと心配でしたが僕等みたいな
小汚い連中に睨まれたのが嫌だったのかその人は諦めたみたいで
少し離れた場所を急いで囲いました。
それから少し経つとBMWに乗られた方々が十数台颯爽と登場し
囲まれた一帯にお車をお止めになりました。

あれは噂に聞くBMWドライビングスクールだったのでしょうか?

僕も中古の30万円位のBMWを買って参加してみようかな。
絶対参加させてくれないだろうな。

スカベン

クランクケースからブローバイ取り出してみました。
スカベンジポンプってやっぱり偉大ですね…
こりゃまだまだ研究しないといけません。
でも問題点ははっきりしました。
1、クランクケース内圧とヘッド内圧のバランスを探る必要あり
2、オイルとエアの分離とオイルの戻し方を考える
どうにか形にする様やってみます。(アメリカ後です)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。