言いたい放題言わせていただきます
チューニング業界の片隅に生きている筆者TAKIが、業界に対してまた自分が見聞きしたことに関して書きたいことを書くブログです。

プロフィール

Author:TAKI
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トーアウト

FFや4駆でアンダーが強い時にはリヤにトーアウトを付ける、
それは僕にとっては当たり前の事。
軽量FFではリヤの面圧を上げにくいところに持って来てアンダー
も消したい、ならばリヤの車高を落してトーはアウトへ、これも
当たり前。
リヤとフロントのコンパウンド、サイズも好きな様に設定すれば
良い。
全て当たり前の事だが、世の中にはセオリーと言うか、メーカーの
標準値と言うか、経験と言うか言うか、伝えと言うかを頑固に
信じ守ろうとする人もいる。
もちろん一つ一つを取ってみれば根拠はあるのだが、そういう
人にとっては車いじりはあまり楽しくないのだろうと思う。
自己責任は当然だが自分の車は自分で考えて自分でいじるのも
車の楽しみ方だろう。
スポンサーサイト

サイボーグ化

ここ何日か体調が悪くて、ついには歯まで被害が及んだので
今朝自分で治療した。

麻酔して、削って、根菅をきれいにして、洗浄して、薬を入れて
仮封をした。(「5)
助手の女の子にもアシストはしてもらったが基本的にはもちろん
全て自分でやった。(やるしかないから)

以前は上の親知らずを自分で抜いた事もあったけどあの時はしびれた。

下の歯であれば、部分麻酔さえ完全に出来れば、自分で大概の
治療は出来るものだ。上は抜歯以外は難しいけど。
上でも前歯なら出来るな。

他の歯医者はどうしているのかな?
普通の補綴なら自分でやるのかな? そんなわけないか。

ヨーロッパ的イモビ

純正ECU書き換えの時に、車輌識別番号(一台に固有の番号)が
ふられている近頃の車は、そこを書き換えない様に注意しないと
面倒な事になる。
特にエボワゴンは要注意だ。
上書きのみの書込み機を使っているとディーラーさんのお世話に
なる事になるかも知れない。

選択肢の一つとして、良く出来たサブコンを使うのもありなのかな…



うちではエアクリはノーマル形状を勧めますだってさ、なぜ?

エボでもGDBでもエアクリをいわゆるK&N型にしてセッティング
すると高回転では際立って調子が良くなる。
吸気温度を低くする工夫は必要だが。

NAゾーンでは確かに少しトルクが落ちる事もあるかも知れないが
セッティングで十分にカバー出来る範囲で、高回転での気持ち良さ
を考えれば十分に許容範囲だ。

いくらこんな事を書いても信じてもらえないのは悔しいが、一度
きちんとセッティングされた車に乗ってみれば一発で分かって
もらえると思うのだが…

エボではいくらか分かってもらえる方々がいて嬉しい限りだが
GDBでもこれは同じで、むしろ効果はエボ以上だと思う。

これは少しGDBも気合を入れて台数を多くセッティングして
分かってもらえる人を増やすべきかも知れない。

New エアロ

今超特急で鈴鹿のvoltexさんで作って頂いています。
実は僕もまだ見ていません。

秋のアメリカ遠征には塗装は間に合わないかも知れませんが
ご協賛して頂いている各社様のステッカーだけ貼って
ホワイトボデー?で走る事になるかも知れません。

うーん、楽しみです!

先ずはエボ用から

待望のマップトレーサーを開発中です。

内部にプログラムの書き込まれたフラッシュロムを持つCPUを
使ったECUで、どうやってマップトレースするか…

実は自分で使うために簡単なマップトレーサーもどきは使っていた
のですが、今回はより精度の高いマップトレースが可能な
ものを開発しています。

書込み機は持っていてもいまいちセッティングが決まらないと言う
チューナーの方には、強力なツールになると思います。

従来のコンサルトポートを使ったものでは、応答時間の遅れが気に
なってしまい、いまいち使えるツールではありませんでしたが、
今回開発しているものは「速い」です。

エボ5,6,7,8、MR、9と順に開発予定です。

その次はGDB?


GDB

昨日、明日の現車セッティングのための基本データを取ってみた。

極めて普通の吸排気チューンのブーストアップ車輌だったが、
セッティングはめちゃくちゃ…
有名な!?通販の「ロム」がくっついていたが、絶対ノーマルの
方が調子良い。大きな違いはないけどね。
まあ調子は悪くなるがスピードリミッターカットは
されているので良いのかな。

昨日は時間がなくてまだ80%の仕上りだが、それでも気持ち良い
加速が楽しめる様になった。
空燃比やその他の数値はエボとは違った考え方が必要でそれもまた
楽しかった。

しかしこれは世の多くのGDBが同じ様な酷いセッティングで
走っていると言う事なのかな。
うーん、現車セッティングの前に現車確認が必要そうだ。

インジェクターのばらつきがどうしたの?

「極貧!インジェクタークリーニングツール」を現在開発中だが
あまりにもインジェクター噴射量、噴射パターンのばらつきだけを
気にするよりは,各気筒に入る空気の量は本当に均等なのかを考えた
方が良い。

ブーストアップの場合ならば、空気量のばらつきの方がインジェクター
の噴射量のばらつきより大きい場合がほとんどだろう。(と今までの
経験から推測する)
各気筒に空燃比計を打つ?それも良いけどなかなか我々貧乏人には
難しい。ならばどうしたら良いのか・・・

先ずは、インジェクターを洗浄する。これはプライベーターでも楽勝。
必要ならデリバリーパイプを大容量化したり燃料供給システムを改善
する。
その上で、もしエキマニがステンなら、「焼け」をよく観察する。
ここで焼けにむらがあれば機械的に頑張ってみる。
予算に余裕がちょっとあればこういう時こそ排気温度計を各気筒に
打って活用してみよう。空燃比計よりずっとお安く済む。
その結果、例えば1番のみ空燃比が薄いと思われれば、他の気筒の
インマニのブランチ部分を拡大する。もしくはサージタンクの形状を
変えてみる。
エキマニの形状、ポート形状を見直す、等々やれる事は多いはずだ。
それでも焼けが揃って来ないなら各気筒への燃料噴射量を調整出来る
ECUを使おう。

結論を言うと、インジェクタークリーニングは有効、しかし気筒間の
ばらつきはむしろ空気量のばらつきの影響の方が大きい。
これを改善するには頭と工夫が必要。

こういう事は冷静に考えましょう。

オカルト撲滅委員会発足

今朝7時頃自宅でパソコンでメールチェックをしていたら
窓際の床に沿って小さな白い光がスーっと移動して「パチッ」と
音を出して消えた。
一瞬の出来事だったが凄く明るくて小さな光源だった感じだ。
ひょっとして天候が不安定な時に現れると言うプラズマ現象かも。

中学生の頃には家族そろってUFO(と巷では言われているであろう
現象)を目撃した事もある。

だからどうしたと言う話ではないが珍しい体験が出来た事は
ラッキーだった?


削る

エキマニ入り口のフランジを削って段付きを取るにも勘所はあると思う。
エキマニの焼けを見たり放射温度計で表面温度を確認してみると
排気の流れる部分は簡単に見つかるだろう。そこを削る、これ
当たり前だと思う。勿論全周ぴったりいくのが理想だが現実には
難しい場合も多い。

ポートを削るにも理屈を知っていて削るのは当然だし、インジェクター
の噴霧跡を見て表面の仕上げを変えるのもマニアックで楽しい。

いつも思うのだが、理屈を考えて自分なりに仮説を立ててそれを
実験する、これが楽しい。
ただばらして修正して組むだけでは面白くないよね。

結果従来からの言い伝えが正しい事もあるし間違っている事もある。
この経験が財産になるしこれがチューニングなのだろう。


タービン改悪

エキゾーストハウジングP25が在庫無し…
ならやっつけちゃいましょう、と言うわけでP22を改悪して
P24相当(当社比)にする予定です。
A/Rを変えるのは本来なら機械加工すべきですが、お金と時間が無いし
第一自分でやった方が面白いですからね。
純正タービンもそのまま使うよりちょこっといじった方が良くなる
場合も多いです。(ポンカム付けたりした時には特に効きます)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。